そろそろ考えてみませんか? お墓の種類について

2018年8月30日 By admin

伝統的な埋葬スタイルが変化しつつある

人が亡くなると、日本では一般的に「先祖代々の墓」に埋葬(納骨)されるのが一般的です。そのような墓がある人は死後も安心といえますが、近年では状況が変わりつつあります。家族構成の変化や、実家から離れて暮らす人が増えたために墓の管理が難しくなっているのです。そう遠くない将来に墓の管理者がいなくなってしまう事態を避けるため、墓の移転などを検討している人が増えています。誰もがいつかはこの世を去るときが来るので、ご家族で墓のあり方を話し合ってみるのもいいかもしれません。

永代供養という選択肢もある

先祖代々の墓の利用が難しい場合、あるいはそれを望まない場合は永代供養墓を利用する方法もあります。一定の料金を支払うと、寺院や墓地の管理者が半永久的な供養を引き受けてくれる墓です。永代供養墓にはいろいろなタイプがあり、個人や夫婦ごとに墓石が用意されるタイプや、合同墓で供養されるタイプなどがあります。合同墓も細かくサービスが分かれていて、墓石の代わりに樹木や草花をシンボルとして埋葬するタイプや、個別のロッカーのような場所で骨壺を保管するタイプなどがあります。永代供養墓の場合、一定期間だけ個別に供養し、その後は合同墓に移されるパターンが通例です。

墓を用意しないのもひとつの選択肢

いろいろなタイプの墓が受け入れられている一方で、特定の墓を持たない選択肢も生まれています。散骨というスタイルで、特定エリアの海などに遺骨(遺灰)を散布して葬儀が終了します。法律で認められている葬儀の手段なので安心です。少量の遺灰を残して自宅に安置することもできます。

いせやの公式サイトはこちら