独立を成功させたい!そんな時にはフランチャイズ

2018年8月30日 By admin

独立のリスクを減らしつつ開業

独立して自分のお店を持てば、努力次第では組織に属していては得られない大きな成功を手に入れるチャンスがあります。ただ、その反面、万が一の時に頼れるものがいないというリスクを背負うことにもなります。

そんな中、経営リスクをできるだけ小さくしながら独立を果たせる手法として注目を集めているのが、フランチャイズです。フランチャイズとはお店のオーナーが企業の運営本部と契約を交わし、独立性を保ちつつチェーン店グループの一員に連なることをいいます。

集客効果や経営安定化にメリット

フランチャイズに加盟すると、その企業が持つ商号が自分の店でも使えるようになります。そのため、すでに名のあるチェーン店グループであれば一定の知名度を開店早々に手に入れることが可能になり、集客の面で非常に有利になります。

また、経営面でのいろいろなサポートが受けられるのもフランチャイズの大きなメリットです。たとえばあるフランチャイズグループでは収支保証制度を導入しており、事業が軌道に乗るまでの一定期間、売上が目標額に及ばない時は本部が差額を補てんするという経営支援を実施しています。

導入する業界が拡大中

コンビニ・居酒屋・クリーニング店など、フランチャイズ方式を採用している業界はたくさんあります。

最近街中で見かける機会の多い買取専門店などもその1つです。ブランドバッグや貴金属などを客から買い取り、中古品市場で売りさばくことで利益を上げるこの商売では、買取額を査定する際などに専門知識が必要になります。フランチャイズであれば、本部が行う研修に参加することで比較的短期間でこうした知識を身につけることができます。

未経験でも会社を設立したいのであれば、フランチャイズ募集に着目してみるといいでしょう。本部が経営に必要なノウハウを伝授してくれるからです。