電気代節約に効果抜群!カンタンお家LED化計画

2018年9月26日 By admin

LEDとは?普通の白熱電球との違いは?

LEDとはLight Emitting Diodeの略で、発光ダイオードと呼ばれることもあります。簡単に言うと、しっかり明るいのにこれまでの白熱電球より消費電力が抑えられる優れた照明のことです。節電意識の高まりもあって、企業や公共施設等ではいち早く照明のLED化が進められました。もちろん、家庭においてもメリットがたくさんあります。
LEDは照明を取り換えるだけで、蛍光灯の4倍近くも長寿命です。消費電力は10分の1にまで節電できます。一般的な蛍光灯は、オンオフのスイッチ切り替えが激しいトイレや洗面台、センサーライトなどの条件では寿命が短くなりますが、LEDにはその心配もありません。また、赤外線と紫外線が発生しないので虫を寄せ付けにくくなります。

お家の照明をLED化するには?

お家の照明をLED化するのは簡単で、今ある照明器具の電球をLEDに取り換えれば完了です。とても手軽な節電方法ですよね。デメリットとして、普通の電球よりも値段が高いですが、その分長寿命なので安心してくださいね。取り換える際のコストはかかりますが、長寿命で節電効果抜群なので、長い目で見れば安上がりになることが多いです。センサーライトと組み合わせれば、より節電効果を実感できます。
LED照明は、ホームセンターや電気屋、スーパーなどでも販売されているので、手軽に購入することができます。規格の合う商品が見つからない場合は、インターネットでも販売されているのでぜひチェックしてみてください。

LEDライトパネルは、小売店・飲食物を扱う店頭に設置されるケースが増加しており、多彩な色を使って広告表示が出来るので、多くのお客様を集める手段として使われています。