何か準備しておくものはある?スマホを修理に出す手順をチェックしておこう

2019年5月28日 By admin

データをバックアップしておく

スマホを修理に出すと、症状によってはデータが初期化されてしまうこともあります。電話帳やメールなど、必要なデータは事前にバックアップしておくのがおすすめです。画面割れなど、スマホがまだ操作できる状態の故障ならデータもバックアップできます。タッチパネルが反応しない場合は、無線のマウスを接続してみて下さい。

保証の有無をチェックしておく

スマホが壊れてしまったときに、チェックしてほしいのが保証の有無です。保証が残っていればメーカーで安く修理してもらえます。メーカーでの修理は、保証がないと費用が高くなってしまうので注意が必要です。保証がない場合でも、修理店に持っていけば料金を安く抑えられます。保証の有無が分からないときは、メーカーのサポートページにログインして確認しましょう。

修理の予約をしておく

メーカーやキャリアで修理するときは、事前に予約しておくとスムーズに対応してもらえます。予約なしだと待ち時間が長かったり、混雑しているときは受け付けてもらえないこともあるので注意しておきましょう。修理店は予約に対応していないショップが多く、飛び込みでも利用しやすいのがポイントです。

ショップで修理を申し込む手順

ショップにスマホを持っていくと、その場で故障の診断が行われます。すぐに見積もりを出してくれるので、同意すれば修理の申し込みは完了です。キャリアで修理を頼む場合、回線契約がないと本人確認書類が必要になります。修理店では契約の有無も関係なく、申込書に記入するだけで修理が申し込めるので簡単です。

Xperiaの修理は、キャリアや携帯ショップ、非正規修理店などで対応が行われており、データ復旧やディスプレイの交換などのサポートを受けることができます。