ここを見ると良い!心療内科を選ぶときのポイント5選

2019年5月30日 By admin

明確な治療方法があるか

メンタルで悩んでいるとき病院選びの基準はとても大事です。初期の対応はその後の治療にも影響するため、自分に合った病院に出会うことが大切です。そこで選ぶときのポイントになるのが明確な治療方法があるかどうかです。治療には薬物療法やカウンセリングがありますが、ハッキリと明記されているか確認しましょう。

治療には選択権があるか

メンタルが弱っているときは判断力が鈍くなることがあります。そんな時に与えられる治療だけを受け入れてしまうと、思わぬ体調不良を引き起こすこともあります。薬は本当に必要か、相談できる環境があるか、いま一度確認すると良いでしょう。

結果ではなく顔をみて診察するか

心療内科は心と身体の両方を診る必要があるため数値や結果だけでは判断できない面もあります。原因を突き止めどのように改善していくか、本気で向き合ってくれる医者かどうかをチェックするのもポイントの一つです。また昨今はパソコン画面ばかりを見て患者の顔を見ない医者もいるので、しっかりと見てくれる医者を選びましょう。

支援やサポートの有無

精神科や心療内科を受診している場合、社会や会社から支援やサポートが受けられるケースがあります。全ての人が該当するわけではありませんが、該当した場合は経済的な援助にもなるため生活面でも安心感が得られます。

通院のしやすさについて

病気を治すために通っているのに通院に負担があると、かえってストレスに繋がりかねません。通院のしやすさは病院選びには最も重要なことの一つです。無理なく通えるか、アクセスはしやすいかなど細部に至るまでチェックしましょう。

診療内科とは心の状態によって生じた「体の不調」を治す診療科です。新宿の心療内科を扱う病院、クリニックは50件余りあります。平日の20時以降に開院の所もあり、働きながら治療を受けやすい環境とも言えます。